名古屋のパーツフィーダー社長ブログ

中部経済新聞「パーツフィーダーで省力化貢献」で掲載されました。

夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。 もう少しすると、この梅雨空も何処へやらといった青空と共に暑い夏がやってきまが、これだけ各地でゲリラ豪雨が降ると、いよいよ日本も亜熱帯気候に近づいて来ている気がしてしまいます。

さて先日、中部経済新聞コラム”明日への情熱”に、「パーツフィーダーで省力化貢献」と題して取材記事が掲載されました。

※中部経済新聞「パーツフィーダーで省力化貢献」

この記事に取り上げられています、「海外規格向けパーツフィーダーの製造、移設」のお話も年々増えております。パーツフィーダーは電源・電圧・周波数に依存し、数Hzの違いで動かなくなります。必ず移転先の電源状況を合わせて設定する必要があります。

前畑精機では、国ごとの規格に合わせたパーツフィーダーを製作致します。
輸出先へのアフターサービスも責任をもって対応いたしますのでお気軽にご相談下さい。

| カテゴリー: パーツフィーダー |